リーダーインタビュー ~ソフト設計編~

今回は、ソフト設計マネージャーにインタビューを行いました。

現在の仕事の内容について

電子機器の組み込みファームウェアの開発が中心ですが、IoT導入サポートの事業も行っているため、最近はWebシステムに関する仕事も行っています。

プログラミング

仕事の面白い部分、難しい部分について

面白い部分は、いろいろなお客さんからお話を頂いているため、ジャンルを問わずいろいろなモノを作ることができるというところです。

ジャンルが幅広いため、業界によって気を付けなければならないことが違うところは逆に難しいと感じています。ソフトに関しては技術革新が速いことも大変なところです。

やりがいを実感する時について

お客さんに納入し、使ってもらっているところを見るときにやりがいを感じます。

量産品の場合は、世の中に製品が出るときですね。問題が起きないかという不安もありますが、やりがいも大きく感じます。

開発チームの特徴・魅力について

若い人が半分と、実績を積んだおじさんが半分のチームです。

会社に入った順番が一番早いということで、マネージャーをしていますが、実績のあるメンバーにはいろいろと助けてもらっています。

若いメンバーには教えるために自分も勉強が必要なので、いい刺激になっています。

今後挑戦したい仕事について

会社の方針でもありますが、ロボット関連、教育分野をやっていきたいですね。

SENSORoNなど既に取り組んでいますが、自社製品もやりたいです。

IoT SENSORoN 温度グラフ
SENSORoNを用いた温度グラフの様子

最後に一言

10年後、20年後を見据えて、実績を積んでいきたいです。

小さな会社なので、自分の実績が会社に影響を与えるところも大きく、とてもやりがいを感じます。

そんな会社だからこそ、これからもこの会社で働いていきたいし、若いメンバーにも頑張ってほしいと思っています。


設立当初からのメンバーということもあり、チームだけではなく、会社のこともしっかり考えていらっしゃる印象を受けました。

リーダーインタビューは今回で最後となりますが、皆さんの考えを知る良い機会となりました。

またインタビューを企画したいと思います!