【TWELITE】無線呼び鈴システム作ってみた(3)【M5Stack】

TWELITE 無線 呼び鈴 システム
M5Stack

はじめに

前回、【TWELITE】無線呼び鈴システム作ってみた(2) より

電波強度を測定する場所と測定方法を考えました。

1つは玄関に設置し、もう1つは手に持って社内を移動して確認しようと思います。

計測中の値をその場で確認するため、M5Stackのモニタに値を表示することにしました。


今回は、TWELITEとM5Stackの準備を行います。


使用するTWELITE

今回は”TWELITE DIP”と”MONOSTICK”を使用します。

TWELITEのマイコンには標準出力タイプのBLUEと高出力タイプのREDがありますが、

まずは標準出力タイプのBLUEを使用します。


M5Stackと組み合わせる計測器には”TWELITE DIP”を使用します。

TWELITE DIP BLUE


玄関に設置する送信側はUSBスティックタイプの”MONOSTICK”を使用します。

TWELITE MONOSTICK BLUE


通信をするためにアプリの書き換えと設定を行います。

アプリは「超簡単!標準アプリ(App_Twelite)」を使用します。

設定はモノワイヤレス株式会社のサイトを参考にします。


M5StackとTWELITEを接続する

M5StackとTWELITEはシリアル通信で通信を行います。

ピン配置は以下のように接続します。


【ピン配置】

 TWELITE     M5Stack

  VCC       VCC(3.3V)

  GND       GND

  RX        TX

  TX        RX

  RST       GPIO


ユニバーサル基板に半田付けをして、持ち運びしやすいようにしました。

これでM5StackとTWELITEの接続は完成です。

TWELITE M5Stack 接続 配線 ピン配置


おわりに

今回はTWELITEとM5Stackの準備を行いました。

TWELITEアプリの書き換えと設定、TWELITE DIPとM5Stackの接続をしました。


次回はM5Stackのプログラムを作っていきたいと思います。