【M5Stack】Visual Studio Codeで開発環境を構築できて便利!

はじめに

M5Stackを利用することが増えてきて、このブログ内でもよく登場するようになってきました。

開発環境は、Arduino IDEを使用していましたが、

Visual Studio Codeの拡張機能であるPlatformIOが使いやすかったのでご紹介します。


きっかけ

開発環境は、【初心者向け】初めてのM5Stack 導入~液晶表示まで でご紹介した

Arduino IDEを使用していました。

様々なライブラリをインストールしたりと使っていくにつれて、気になってきました。

ありゃ?コンパイルがまだ終わらないぞ・・・と。

毎回数分もかかるなんていやだめんどくさい・・・。


そんな時、Visual Studio Codeの拡張機能であるPlatformIOを知りました。

ソースコードを書く時のエディタはVisual Studio Codeをよく使用しているので、

使ってみることにしました。


PlatformIO


PlatformIOはVisual Studio Codeの拡張機能で、

さまざまなボードやライブラリを統一的に開発できる開発環境です。

M5Stackの他にESP32やArduinoでも使うことができます。


インストールは簡単に行えます。

Visual Studio Codeの左端のメニューバーにある”拡張機能”から「PlatformIO」と入力して検索します。

“インストール”ボタンをクリックしてインストールします。

PlatformIOのロゴ(アリのようなマーク)が表示されると、インストール完了です。



実験

モニターに”Hell World”を表示させる単純なプログラムで、コンパイルにかかる時間を計測してみます。


#include <M5Core2.h>

void setup() {
  M5.begin();
  M5.Lcd.print("Hello World");
}

void loop() {

}


結果

Arduino IDEが3分20秒かかっているのに対し、PlatformIOでは23秒という結果になり、

約3分短縮することができました。


Arduino IDEPlatformIO
所要時間3分20秒23秒(初回のみ57秒)


Arduino IDEはコンパイルする度にフルビルドしてしまうため、時間がかかってしまいます。

一方のPlatformIOは初回のみフルビルドを行うため時間がかかってしまいますが、

2回目以降はさらに早くなります。


所感

コンパイルにかかる時間はPlatformIOの方がだいぶ短いですが、

どちらが良いというわけではなく、それぞれに利点があると感じました。


Arduino IDE

 ・サンプルプログラムがすぐ使える

   ”ファイル” → “スケッチ例” から、様々なサンプルプログラムが用意されています。

   サンプルプログラムを選んですぐ試してみることができます。

   今回実験で使用したモニターに”Hello World”を表示するプログラムも、サンプルに入っています。


 ・シリアルモニタが見やすい

  シリアルモニタは、”ツール” → “シリアルモニタ”から別ウインドウで表示することができます。

  PlatformIOでもシリアルモニタがあり、1つの画面で見れるため、こちらの方が使いやすいと感じる人がいると思いますが、

  個人的にはArduino IDEの方が見やすいと感じました。


PlatformIO

 ・コンパイルにかかる時間が短い

   今回の実験ではArduino IDEと約3分の差がありました。


 ・ライブラリのインストールがわかりやすい

    ホーム画面より、メニューバーの”Libraries”から検索をしてすぐに探すことができます。


おわりに

M5Stackをよく使うようになってきてから、コンパイルにかかる時間が気になったので

これまで使用していたArduino IDEと、今回知ったPlatformIOのコンパイル時間を比較してみました。

結果、PlatformIOの方が3分早いことがわかりました。


今回はコンパイルの時間に着目してみましたが、使ってみたところそれぞれに特徴があるので

状況に合わせて使い分けをするのがおすすめです。